放射能汚染対策

食のこと

★放射能汚染対策★

前回に続き、今日も食の事について書いてみようと思います。

スピリチュアルやパワーストーンと何で食の事が関係あるの??

と思われるかもしれませんが、、、

私達は物質社会であるこの3次元に生きる肉体を持っているわけですから

何らかの生命を食事としていただいて自分達の生命を維持しなければなりません。

その為の食の内容がとても大事だと私は思っています。

今回の東日本大震災による福島原発の放射能漏れについては大変心配な問題ですが、

日々被災地や被災者の方に祈りやエネルギーを送る事も勿論大切ですが

このような災害時に学ぶべき事として

食やエネルギーの事を改めて考えてみるタイミングではないかと思います。

スローフードやマクロビオテックというと

癌やアトピーにならないとみなさん真剣に取り組まれる事が少ないと思いますが

自然食というのは知れば知る程優れた教えです。

結構スピリチュアルな学びについても奥深い情報も多いんですよ♪

マクロビオテックというのは陰性の体質と陽性の体質に分類し

陰性と陽性のちょうど真ん中である中庸にしていこうとする方法ですが

森羅万象この宇宙にあるもの全て陰と陽、プラスとマイナス

全て対極にあるものがバランスをとって存在します。

息をするにも『吸う』『吐く』どちらかか偏っても駄目ですよね・・・

『苦楽』というのも『苦』があるから『楽』が楽しく嬉しく感じるんですよね

『楽』ばかりだと良い人生だと思うのですが『楽』ばかりだと有り難みがわかりません・・

全てが対でバランスを取っています。

人間の身体も『陰』『陽』どちらかに偏よると病気になります。

要はすべてバランスです。

私はスピリチュアル講座でもしつこい程いつも言いますが

どのチャクラも全て大切です。

全てのチャクラの状態がバランスよく整っていないと駄目なんです・・と・・・

人間の身体のバランスも『心身のバランス』と言いますが

『心』と『身体』のバランスが大切です。

その『身体』を維持するためには『食』が大切なのです。

前回に書いた事ですが私は『氣のある食』

氣=エネルギーのある食をオススメしています。

その中でも今日は放射能対策となる情報をお知らせしますね・・

放射能だけではなく最近は黄砂もひどいですよね・・

私もこの一週間くらい喉が痛くて痛くて・・

外に出るときはマスクが必需品です。

この黄砂には多くの有害物質が含まれているそうです。

農薬やダイオキシン・・・様々な科学物質が含まれていて、

3月20日には韓国が黄砂の中からセシウムを検知したと発表していました。

微量ではあるそうですが・・・

というか放射能ももちろん恐ろしいですが、

黄砂の中の汚染物質もかなり恐ろしい・・・

黄砂の多い日は喉だけではなく、かなり体調も悪くなってしまいます。

以下のマクロビオテックの記事の情報は放射能だけではなく

黄砂などの有害物質の排除にも役立つと思いますので参考にしてみてください。

少し長いので、興味の無い方はスルーしてくださいね・・・

病気にならないマクロビオティック生活
 「放射線の害から身を守る方法」

(マクロビオテック2009.9より引用)

甲状腺がんや白血病などのような放射線の被ばくによって引き起こされる病気が増えてきていますが、どのような対策によってその害から身を守ることができるのでしょうか。

■免疫力とは血液の循環力
放射線によってもたらされるのは免疫力の低下です。
では、免疫力の低下とは一体何なのでしょうか。
それは血液循環の低下と捉えるとわかりやすいかもしれません。
実は、血液の流れが悪くなると体温が下がり、血液がくっつきあってドロドロ血液の状態になってしまうのです。
そうなると血液中の酵素やホルモン、免疫物質などが身体の隅々まで行渡らなくなり、その結果、痛みやコリ、炎症、感染症などの病的な状態がもたらされるのです。
この血液の循環力の低下に空気中のイオンが大きく関係しているのです。血液を構成する赤血球が健康な状態の時には、赤血球の膜はマイナスに帯電しています。これを赤血球の帯電位といいます。赤血球にマイナス水素電子(マイナスイオン)が多く蓄えられている状態と捉えてもよいでしょう。赤血球同士がマイナスに帯電している場合には、磁石のN極とS極同士がくっつかないように、マイナスの赤血球同士も同種反発で、お互いにくっつき合うことがありません。この状態をサラサラ血液の状態と見ることができます。

■プラスイオンでドロドロ血液に
ところが、プラスイオンが体内に侵入すると、過剰な活性酸素が発生します。この活性酸素は非常に不安定な状態にあるため、マイナス水素電子を奪って安定しようとするため、なりふりかまわず体内からマイナス水素電子を奪っていきます。そうすると赤血球の一部がマイナス水素電子を失ってプラスに帯電します。そうすると今度はプラスとマイナスに帯電した赤血球同士がお互いくっつきあって団子状に固まってしまうのです。この状態の血液を電子顕微鏡で見ると、串に刺したような状態の赤血球がたくさん流れているのが分かります。
これをドロドロ血液の状態と見ることが出来ます。このような状態では、末梢の毛細血管に血液が入ることができず、酵素や栄養の供給ができなくなり、老廃物も滞って、ヘドロがたまったドブ川状態の血液になってしまうのです。そうして血液の循環が悪くなることで免疫力の低下した状態が作られてしまいます。

■放射線は血液にダメージを与える
血液の一部がプラスイオン化する原因としては、紫外線や静電気、電磁波、放射線の影響が考えられますが、そのプラスイオンを発する最たるものが放射線なのです。放射線によってマイナス水素電子(マイナスイオン)を失った状態が酸化で、「酸化」を別名「老化」と呼んでもよいでしょう。この老化を引起す活性酸素によって生じた過酸化脂質を、体にとりつく「サビ」ととらえると分かりやすいと思います。
病的な細胞を電気的なバランスで分析すると、プラスイオン化していることが分かっています。傷やおでき等も同様です。
この時にマイナスイオンを供給するとプラスイオン化した血液にマイナスイオンが供給されるため、サラサラ状態に血液の状態に戻すことができます。酸化してしまった細胞にマイナスイオン水素電子(マイナスイオン)を与え、元の元気な状態に戻す働きを還元といいます。
森林浴が体によいといわれているのは、木々が発するマイナスイオンの働きなのです。

■放射線が引起す病気
放射線の問題点は、それを過剰に浴びると大量の活性酸素が発生することで、血液の流れが悪くなることです。
とくに、血液の浄化にあたる腎臓と肝臓に被害が出やすくなります。
腎臓が管理する甲状腺や骨髄に異変が生じると、甲状腺がんや白血病を発症しやすくなります。まだ、成長段階にある細胞が放射線を受けると、遺伝子が損傷し、プログラムミスによりガンや奇形といった成長、発育障害が引起されます。
ですから、大人よりも子供にその害が出やすいということになります。
テェルノブイリ原発の放射線漏れ事故により、多くの子供たちに甲状腺がんと白血病が発症しました。小児期にレントゲン検査を過剰に行なうと甲状腺がんになりやすいともいわれています。また、ジャガイモやタマネギなどに芽が出ないようにコバルト60を照射した照射食品が出回っていますので注意が必要です。

■放射線の性質
陰性の性質は「冷やす」、「ゆるめる」、「溶かす」働きなどで代表されます。言葉を換えれば、広がって行こうとする拡散性や遠心性と見ることができます。それに対して、陽性の性質は、「温める」、「しめる」、「固める」働きに象徴されます。言い換えると縮こまって行こうとする収縮性や求心性ととらえることができます。この陰陽の尺度を使って放射線を見ていくとその対策を講じることができます。
放射線の性質は、物を透過して遠くに広がろうとする強力な拡散性です。ですから原爆症は、爪や皮膚が溶けてケロイド化し、毛穴が開いて髪の毛が抜けたりする陰性な症状が現れます。原爆の場合は熱線によって一瞬で体が溶けて揮発してしまいます。
放射線治療などで被曝した場合も、赤血球や免疫細胞が溶けて貧血の傾向が出たり、血液が崩壊して白血病が引起されたり、腸がゆるんで便秘をしたり、体が冷えてだるくなったり、髪の毛が抜け落ちたり、といった陰性化した症状が現れます。

■放射線の害から身を守る食べ物
この時に、陰性の強い砂糖を含む食べ物や、果物、アルコールなどを摂取すると、非常に危険であるということです。
反対に塩は砂糖と比べると陽性で収縮性が強く、きゅうりやナスを塩でもんだり、塩漬けしておくと縮んでいきます。
ですからこの塩を上手に使うことで、放射線から身を守ることが出来るのです。30cmの塩の壁を造ると放射線は透過できないといわれています。人間の場合も同様で、海水を煮詰めて作った良い塩気をしっかり補給して体内に循環させておけば、放射線の害から身を守ることができます。
また、アミノ酸やクエン酸などの酸には放射線を排泄する力があるといわれています。ですから塩気で放射線をブロックし、酸で排泄すればよいわけです。そこで注目されているのが伝統製法の味噌や梅干、醤油、漬物といった発酵食品です。
それらの食品には塩気とアミノ酸、クエン酸などの酸の両方が含まれるので、放射線対策にぴったりの食品です。
実際、味噌のジコピリン酸というアミノ酸に放射線物質を排泄する働きが強いことが報告されています。
チェルノブイリ原発で事故が発生した当時、ヨーロッパの自然食品愛好家の間で味噌を食べようという運動がおこり、日本から大量の味噌が援助物資として送られたそうです。
発酵食品は微生物が作用することで、メラノイジンなどの抗酸化物質が蓄えられています。酸化した細胞を元に戻す働きが最高に強い
還元食品が発酵食品であるといえます。

もっと詳しく色々放射能対策に関する情報に興味がある方は以下の

『放射能汚染に対するマクロビオティック情報』情報提供:日本CI協会ページ

も参考にされてもいいと思います

http://www.lima.co.jp/radioactive/index.html

私も最近は梅干を毎日食べて毒だし生活です。

もちろんお風呂にはヒマラヤ岩塩を入れてじっくり半身浴で汗をたっぷりかきます。

ネイチャーサポートのお店にもヒマラヤ岩塩を置いていますから

気になる人はどうぞお問い合わせください。

ちなみにピンクとブラックの岩塩どちらも1kg入りで1,200円です

このブログを見てくださっている方が
愛と光で満たされますよう・・
そして宇宙の光と繋がりますよう・・

そして地球に癒しのエネルギーを送って下さいますよう・・
母なる大地が再生されますように今日もお祈りしますね

ポチッとクリックしていただけると励みになります
応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ネイチャーサポートではパワーストーンチャクラ鑑定や、

スピリチュアルタロット鑑定

タロット占い講座

レイキヒーリングなどを行っています。

今年はレイキアチューメント(伝授)もどんどん行っていきます!

以前使っていたけれど今は使っていないパワーストーンのリメイクや、
お持ちの石からリーディングして石からのメッセージをお伝えするパワーストーンリーディングも行っています。
興味のある方は お店に是非いらして下さいね・・

一日の講座でタロット占いがマスターできるタロット占い講座はこちらをご覧ください


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
パワーストーンとタロット占いのお店
ネイチャーサポート〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-5-14
TEL:06-6399-8666 FAX:06-6399-8665
http://www.nature-support.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





関連記事

COMMENT 0