身体のこと色々

結晶
☆身体のこといろいろ☆

寒い日が続きますが

みなさんお元気ですかあ??

私は昨日左の喉に何やら刺さったなあ〜〜〜

これって何かのウィルスだなあ〜〜〜

ヤバイヤバイ・・・

クリスタルを使ってお手当!!お手当!!

生姜湯飲んで体熱上げて!!

と奮闘した結果痛みは無くなりましたが

少し炎症が残っているようで変な痰が出る朝でした。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
↓↓
ランキング参加中♪♪
励みになりますので、ポチっとお願いします




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今のところしんどくもないし、

鼻と喉の間に若干の違和感はありますが、

今夜もお手当作戦でやっつけちゃおう計画中です♪

もう何年も発熱するとかいった事は無いのですが

鼻水がズルズル。。。

とか咳がコンコンといった症状はありますが

10年くらいお薬というのは飲んだ事がありません。

一度あまりに鼻水が出て、

これは蓄膿症にでもなったら困るなあ〜

と耳鼻科で抗生物質をいただいて飲んだ事があるのですが

鼻が出るしんどさの方がまし???

と思えるくらいお薬を飲んだ方がしんどくて

それ以来全くお薬というのを飲まなくなってしまい

薬に頼らないといけない状況になったら大変だなあと想像しつつ、、、

今の所ハーブや自然なお手当法だけで生きていけてる感じです。


しかし、、、

お薬と言っても、

風邪本体を治せるお薬って無いんですよね(笑)

開発できたらノーベル賞もんだそうです。。。

だから風邪でお医者さんに行って処方されるお薬といったら

解熱剤や抗生物質、咳止め、鼻水止め、鎮痛剤・・・・などなど

症状を緩和したり、止めてしまうお薬なわけです。

でも・・・

よくよく考えると

熱が出るのは体内に侵入してきたウィルスを攻撃するために

体熱を上げて免疫細胞を活性化して戦う為です。

解熱剤で発熱を抑えると免疫が活性化されないので

治りが遅くなります。

咳や鼻水も、

体内のウィルスを出そうとしていたり、

免疫が戦った後の細胞の死骸のようなものが膿となりますので

それを体外に出そうという私達の身体の正しい反応です。

これを出さずに溜め込むというのも如何なものか・・・???

風邪ひきだけでなく

肩こりや、疲労からくる身体のあちこちの痛みに対しても

湿布や塗り薬なんかを貼ったり塗ったりするのも

どうなんだろう???

関節や筋肉、腰、身体に痛みがあるという事は

痛みを起す原因があるわけです。

ご高齢の方が足腰が痛いのは

長年使って来て摩耗や衰えてしまった部分が日常の生活の負荷に耐え切れず

痛みを発して、これ以上無理無理!!っと悲鳴をあげている状態。。。

そこに痛み止めを塗ったり、貼ったりして

痛みという身体からのサインを押さえこんでしまうとどうでしょう???

感覚的には痛みが無くなったと思うので

治った!!動ける!!で動いちゃうとどうなりますか?

ますます炎症や痛みはひどくなります。

頭痛や生理痛などの時に鎮痛剤を

ガンガン飲まれる方が多いですが

頭痛や生理痛がひどいという事は

それも何等かの身体からのサインですから

鎮痛剤を飲んでごまかして無理をし続ける事は危険です。

病になったり痛みがあるという事は必ず原因があり、

結果が身体に現れてくるものです。

今回私が風邪をひいたかな???

なんていう症状が出たという事は

少し私も免疫が落ちているというサインです(汗)

私の親なんかは栄養をしっかり摂らへんからや!!

といつも怒りますが、、、

反対に食欲が無いような時は食べない方がいいです。

食欲が無いという事は

消化に回す体力があまり無い状態ですから

あまり無茶苦茶に栄養栄養といって食べ過ぎると

尚更ノックダウンしてしまいます。

食欲があるようでしたら消化が良く

血流を良くしてくれ、免疫を上げてくれるような温かなものを食べます。

いずれにしても腹8分目と言いますが

現代人は食べ過ぎですから

6分目くらいが一番健康を保てるかもしれませんね(笑)

現代人の病は殆どが食べ過ぎと運動不足です。

私達人間はずっとずっと長い歴史の間飢餓状態を経験していますので

かなりわずかな栄養でも生きていけます。

いっぱい食べると私達の身体の中では

一生懸命食べ物を分解したり

蓄えたり、不要な物を濾過して排泄したり・・・

ずっとずっと休む事なく働き続けています。

眠っている間中も身体はずっとずっと働き続けています。

食べ過ぎる事は負担を増やしているという事です。

長年食べ過ぎ状態が続くと

肝臓や腎臓などの臓器が悲鳴を上げ出します。。。

食べる事だけでは無く

『無理』や『過ぎる』事を積み重ねていくと

必ず結果として身体に現れてきます。

身体は借り物と言いますが

この世界を生きて魂の求めるミッションをやり遂げる為にも

大切に長くお付き合いいただかないといけません・・・


このお正月に弟のお嫁さんが遊びに来ていて

今迄は寒がりだったけれど

今年は更年期で、

急にカア〜っと熱くなって汗が物凄い勢いで出てくるので

薄着にしているねん!!との事。。。

それってホットフラッシュやん!!

ホットフラッシュってどうしてなるか知ってる???

心臓より下の下半身が物凄く冷えて血流が悪いから

必死で血流をあげようと身体がガンバルけれど

下半身にはなかなか行かないから

上半身だけメチャメチャ熱くなってしまうんやよ〜

だから下半身を温めてあげないと駄目なんやで・・・

と話すと、

それが熱いからいつも家では素足だし

寝る時も足が熱いから布団から出して寝ている・・・

・・・・・・・それってめっちゃヤバい状態やで〜

足熱いって言っても触ると冷たいやろ??って聞くと

そうやねん。。。冷たい。。。

そりゃあそうやんね〜

この寒いのに熱いわけがない!!

よく氷を触った後なんかに手がめっちゃくちゃ熱くなる状態

あれをホテリと言いますが

冷たい氷でめっちゃくちゃ冷えてしまったので

身体が必死で血流を回復させようとしてホテリます。

だから顔が赤ら顔で火照っているような人は

基本身体が冷えている証拠です。

そのまま火照って熱いからとドンドン冷やしていくと

血行障害がどんどんひどくなってしまいます。

足先というのは体温が36.5度ある人でも32度くらいしかないそうです。

血流が悪い状態が悪化すると

足先の毛細血管に酸素や免疫が行き届かなくなって

足が壊死しちゃうよ!!とおどしたら、

ひょえー!!恐い!!どうしよう!!とビビッていましたが(笑)

とにかく温めて血流を良くするよう頑張ってね。。。

靴下履いて、身体を温めるものを食べて、、、

ホットフラッシュだけじゃなくて

他の疾患も年齢を重ねると出てくるよお〜!!

なんていう話をお正月からしておりましたが、

更年期だからホットフラッシュになる。。。

なんて納得しているととても危険です。。。

ホットフラッシュがおこる原因があります。

全て身体からのサインです。


どんな病も必ず原因があり、

科学の力では解明できない病気もあるのですが、

いずれにしても病は気づきなさい!!

学びなさい!!というサインです。

それを無視して薬で症状を緩和するだけではなく

病になるという事は病になる生き方をして来たという事です。

生き方を変えなければ取り敢えず見た目には一旦治っても

同じ生き方では同じ病になります。

病気になっても

その病気がどんな原因でなってしまったのか??

何を学ぶべきなのか?気づくべきなのか?

一度大切な身体のこと。。。振り返って考えてみてはいかがでしょうか?


私達の身体の中は

本当に神秘で素晴らしいです。

微細な世界ではスーパーコンピューターでも叶わない働きを

毎日毎日私達が産まれてから命が尽きる日まで

休むことなく働き続けてくれています。

今日は、ミクロの結晶の世界の事を色々と書こうと思って

雪の結晶をトップにしたのですが・・・

病の事になってしまいました(汗)

また続きは後日に改めますm(__)m

寒い日が続きますが皆さん暖かくしてゆっくりお休みくださいね☆

何だか読みづらい文章になってしまっておりますが・・

いつもか??(汗)

最後までおつきあいいただきまして有り難うございます☆


今日も『祈りプロジェクト』皆さんと共に祈りますね〜♪

多くの人とご一緒にこの地球。宇宙。世界。全ての生命の為にお祈りできる事。。。

とても嬉しく、感謝しております。

一人、また一人と繋がって、大きなエネルギーとなって、

この世界のエネルギーの調和が取り戻せますよう。

神様の愛と光のエネルギーで満たされますよう。

このブログを見てくださっている方が

愛と光で満たされますよう・・そして宇宙の光と繋がりますよう・・

そして地球に癒しのエネルギーを送って下さいますよう・・

母なる大地が再生されますように今日もお祈りしますね

ポチッとクリックしていただけると励みになります
応援よろしくお願いします
 ↓        ↓







今後のマクラメ編み教室の予定はこちらをご覧くださいね↓↓
マクラメ教室
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪のパワーストーンとタロット占いのお店
ネイチャーサポート
〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-5-14
TEL:06-6399-8666 FAX:06-6399-8665
http://nature-support.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
関連記事

COMMENT 0