節分

★節分★

今日は節分ですね~

節分には、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に

1年に4回あったものでしたが、

日本では旧正月と立春が近いという事もあって、

1年のはじまりとして、とくに尊ばれ、

今は節分といえば春の節分のみを指すようになったそうです。

明日の立春を1年のはじまりである新年と考えれば、

節分の今日は大晦日になるわけですね~

そして節分と言えば豆まき!!

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、

新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、

宮中行事として行われていたもので追儺の名残りのようです。

追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことで、

平安時代、陰陽師たちにより宮中において大晦日に盛大に行われていたようです。

鬼門と言われる邪気・魔の入り込みやすい場所

鬼門→鬼

魔を滅する!鬼を滅する!

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、

毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、

鬼を退治できたという話が残っており、

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて

「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

陰陽師というと、日本では一時流行った映画の影響で

どうもオカルト的なイメージがありますが、

陰陽道の名残りの行事を日本では習慣的に行っているんですよ・・

陰陽道の五節句というのがありますが

陰陽道では偶数を陰数、奇数を陽数として考えられていたそうです。

そして、奇数が並ぶ日(1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日)

は陽数が並び強すぎるため不吉と考えられ、

お払いをする習慣ができ、それに伴いお祝い行事となっていったようです。

1月1日は元旦なので別格として、

1月7日の人日の節句が五節句の1つとされていて

七草粥を食べてその年の豊作と病気など全ての災難から逃れ長生き出来る事を願う。

3月3日の上巳の節句は、桃が咲く季節なので「桃の節句」ですね~

春の力強い自然の生命力をもらい、厄災を祓います。

5月5日の端午の節句は、菖蒲の花が咲く季節なので「菖蒲の節句」です。

よもぎや菖蒲の花の持つ強い香気で厄を祓います。

7月7日の七夕の節句は、お盆(旧)を迎えるための準備として、

畑作の収穫祭を祝う祭りです。

9月9日重陽の節句は、菊の花の咲く季節と重なる事から「菊の節句」と言われています。

日本のように四季のある国では

節分=季節の変わり目というのは身体がその季節季節に対応しなくてはなりません。

細胞膜が季節に合わせて変化するんです。

本当に人の身体の細胞というのはミラクルです。

60兆個全部の細胞膜が対応していくんです。

という事は、かなり大変ですから、疲れやすくなります。

疲れる=免疫が落ちますので、疫病など病魔が入り込みやすくなりますので

その季節の節目に一番滋養のあるもので力をつけ、

無病息災であるよう・・という事だと思います。

1月の中旬からこの立春までの期間は、

一年の中でもとても陰なエネルギーな時で

日照も少なく、疲れが溜まりやすい時です。

何より寒い時期ですので、

高カロリー高タンパクな豆を年の数食べる事で

新しい年を無病息災で・・・といった事なんでしょうね。。。。

本当に日本の四季の食事とは先人達の叡智の結集だな~といつも感心させられますが

この寒い時期というのは、とても代謝が落ちます。

代謝というのは、食べ物や飲み物を食べて、

それを人間は身体の中で素晴らしい仕組みで分解し、

身体を動かす為のエネルギーとしたり、

新しい細胞を作るエネルギーとしたり、

いざと言うときの為に脂肪細胞として蓄えたり、

必要なエネルギーを分解した後の残りかすや

エネルギーとして使った後のゴミを対外に排出する・・

この一連の仕組みを代謝と言いますが、

昔は寒い季節は収穫が殆ど無く、

秋に採れて蓄えておいた物を大切に食べて乗り越えていたわけです。

だから賢い人間の肉体は、極力代謝を落として、

少ない栄養でも生命を維持できるよう自然と進化してきたんですね・・

だから今でも冬は極端に代謝が落ちます。

冬はダイエットしても体重がなかなか落ちないのはその為です。

冬は体内に入って来た僅かな栄養を必死で蓄えよう・・蓄えよう・・

としますから、太りやすく痩せにくい・・・

無意味なダイエットは冬はせず、

春になってから始めた方が良いですよ・・・(笑)

代謝が落ちている分、毒素が冬には溜まっていきます。

それを春先のアクのきつい食べ物を食べて、

身体の嫌な物反応を利用するわけですが、

アクと共に、身体に溜まった毒素を一緒に排泄させます。

フキノトウや、蕨、筍など、アクのあるものを少々いただくのは

季節の味だけではなく、身体の為に必要なんですね・・・

日本の旬の食や行事には、

先人達からの色々な智恵があります。

豆まきは絶対しないといけない!!と言う事は無いですが、

豆まきという風習を行っていくことで、

改めて季節の変わり目に注意をし、

元気で健やかに一年をすごせるよう祈る事。。。

日本の文化を子々孫々に伝えて行けるんでしょうね~

我が家では、多分今頃お爺ちゃんが例年通り大きな声で

鬼は~外~!!

福は~内~!!
とやっていると思います。

盛大に豆をまいた方が良いと思うのですが・・・

後の掃除がやっかいなのと、そこそこ美味しい良い煎り大豆を用意しておいたので

いっぱい食べたいからまくのは控えめでお願いします。。。

と朝お爺ちゃんにお願いしてまいりました。

お家に帰ったら年の数だけ食べます!!

最近食べないといけない数が多くて・・・(泣)

でもお豆さん美味しいから・・幸せです


このブログを見てくださっている方が

愛と光で満たされますよう・・

そして宇宙の光と繋がりますよう・・

そして地球に癒しのエネルギーを送って下さいますよう・・

母なる大地が再生されますように今日もお祈りしますね

ポチッとクリックしていただけると励みになります
応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ネイチャーサポートではパワーストーン鑑定や、

スピリチュアルタロット鑑定

タロット占い講座

レイキヒーリングなどを行っています。

以前使っていたけれど今は使っていないパワーストーンのリメイクや、
お持ちの石からリーディングして石からのメッセージをお伝えするパワーストーンリーディングも行っています。
興味のある方は お店に是非いらして下さいね・・

本格的なタロット占いがマスターできるタロット占い講座はこちらをご覧ください

ネイチャーサポートのホームページからセドナボルテックスストーンを

ご注文いただけるようになりました~

大変時間がかかってしまいましたが、

これで遠方の方にもお気軽にご注文していただきやすくなりました。

セドナボルテックスストーンの組合せなど、

ネットショップに無い場合でもお気軽にご相談くださいね・・・

セドナボルテックスのご注文はこちらからお願いしま~す!!

セドナボルテックスストーン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪のパワーストーンとタロット占いのお店
ネイチャーサポート
〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-5-14
TEL:06-6399-8666 FAX:06-6399-8665
http://www.nature-support.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

関連記事

COMMENT 0